サイトニュース

携帯版moodleの導入について

 
Fレックス管理者アイコン
携帯版moodleの導入について
by F-LECCS LMS 管理者 - Thursday, 2 September 2010, 12:04 PM
 

FレックスLMSに「携帯版moodle」を導入しました。これにより、携帯電話から以下の様な学習機能にアクセスできます。
(なお、このプログラムは鹿児島県の大学連携で開発されたものを利用させていただいています。)

  • オンライン課題
  • フォーラム(掲示版)
  • フィードバック(アンケート)
  • 出席確認
  • お知らせ


まずは、携帯電話で、http://lms.f-leccs.jp にアクセスしてください。

ユーザ名(メールアドレス形式)・パスワードを半角英数文字で入力してください。

登録しているコースの一覧が表示されます。

毎回ユーザ名とパスワードを入力するのは大変なので、ページの一番下にある「自動ログイン用ページ作成」を選択し、表示されるページをブックマークしておきましょう。(お気に入りに登録しておきましょう。)


学習機能の使い方

携帯版Moodleは上記4つの学習機能がついています。ログインした後、コースの一覧から科目名をクリックすると、学習機能の一覧が表示されます。機能の使い方は授業によって異なりますので、担当教員などに聞いて下さい。

  1. オンライン課題
    オンライン課題は、ミニッツペーパーやレポートを提出するために多くの授業で使用されています。
    課題名をクリックすると、課題内容の説明文が表示されるので、下のテキスト入力エリアに文章を入力し、確認ボタンを押します。
    (先生方)
    「活動の追加」にて、「課題-オンラインテキスト」を選択して、コースに追加してください。
  2. フォーラム(掲示版)
    フォーラムは掲示版の機能でメッセージのやりとりを行うことができます。返信を押して、メッセージを書いた後、「投稿する」をクリックして下さい。
    (先生方)
    このフォーラムは、通常のフォーラムタイプには対応していません。新たにフォーラムを追加しフォーラムタイプとして、「トピック1件のシンプルなディスカッション」を選択してください。
  3. フィードバック(アンケート)
    授業内でアンケートを実施することができます。選択肢や回答文を入力して、「送信する」ボタンを押すだけです。
    (先生方)
    通常のパソコンで行うフィードバックと同じものが携帯電話で実施できます。毎週の授業アンケートなどにご利用ください。
  4. 出席確認
    担当の教員が授業中に指示するキーワードをテキストボックスに入力し、「出席」を押して下さい。出席状況の確認もできます。
    (先生方)
    「活動の追加」より、「自動出欠」を選択して各種設定を行うことで、毎回の授業で、学生の出欠確認を携帯電話で行うことができます。
    設定についての詳細は、別途「教員サポートページ」でご相談ください。
  5. お知らせ
    ログインしたトップページまたは、コースのトップページに「お知らせ」が表示されます。
    (先生方)
    携帯電話で、LMSにアクセスしたユーザに、お知らせメッセージを提示したい場合は、ブロックに「お知らせ」ブロックを追加し、新規作成を押して、お知らせ内容を記入してください。


なお、上記についての詳しい画面画像入りの説明書は、後日完成でき次第公開させていただきます。

お試しされたい先生は、以下の教員用デモページをご利用ください。

http://lms.f-leccs.jp/course/view.php?id=3

また、不具合の報告・質問等につきましては、以下のいずれかに書き込みいただければ結構です。

http://lms.f-leccs.jp/course/view.php?id=14 
http://lms.f-leccs.jp/mod/forum/view.php?id=22