日本の文化と社会について多様な切り口から考察することにより、私たちが「既知で、自明のもの」と捉えがちな自己の文化・社会を相対化することを目指す。