生物資源学科2年次生

高等学校学習指導要領に定める教科「農業」の各科目を網羅的に教授できる能力を身に付けるために、生物資源学部の特色ある研究領域(応用生化学、分子機能科学、分子生物学、 植物資源学)に別れて、生命・食・環境分野における生物生産に関して包括的な内容の授業を行う。

地域の研究機関や民間企業の研究部門を中心にして訪問し、県の行政におけるそれぞれの研究機関の役割や、企業における研究組織の内容および生産施設の実態等について学修する。

有機化学は、食糧・環境・エネルギー問題の解決等に関わる現代物質科学の基礎となっている。本講義では、有機化合物の構造、反応性や諸性質に関する基礎知識を修得し、生命科学・生命工学の理解に役立つ有機化学の基礎概念を学ぶ。


生物資源学部―生物化学実験のコースでは、
前期は、機器分析実験を実施する。