2018年度前期の開講科目群です。

生化学は生命現象,特に細胞レベルでのメカニズムを分子のレベルで化学の視点から理解しようとする学問体系であり,その基礎的な要素は,環境生物学から医学・栄養学にいたるまで多岐にわたる現代生物学の基盤をなすものとなっている。生物化学Iの授業では,まず生命現象に関わる水と有機物の化学の基礎を学ぶ。その上で,タンパク質,糖質,脂質,核酸などの基本的な生体分子の化学と役割を理解し,生体における化学反応を触媒する酵素の働きについて学ぶ。さらに,普遍的で最も重要な生化学現象であるエネルギー代謝の基礎を学習する